Painted-Hands-Ruin.jpg

Painted Hand Ruins   Pastel on paper   Akiko Hirano

怨霊(おんりょう)
Akiko Hirano & Tim Wong

西暦1276年。 11 世紀と 12 世紀のアナサジ文化の中心地であったチャコ キャニオン(現在のニューメキシコ州北西部にある遺跡一帯)は衰退と崩壊が進み、周辺地域全体で混乱と暴力が激化していた。多くの住民はメサ ベルデ(現在のコロラド州南西部にある遺跡一帯)、シダ メサ(現在のユタ州南東部にある峡谷一帯)の防御岩崖の住居に移動していた。高い岩崖のないスリーピングユート山(現在のコロラド州南西部にある山)の麓の峡谷では、プエブロ(原住民部落)人は防御のために防御塔を建てた。予防措置にもかかわらず、部落は次々に侵入者によって略奪され、居住者は殺害された。ペインテッド ハンド(氏族の長の名)の一族は、峡谷の突端にある岩棚の上に巨大な円形の塔を建てた。塔が完成した後、氏族は岩棚の下で儀式を行い、後壁の岩に手形を残して団結を誓った。

ある夜、ペインテッド ハンドが目を覚ますと、プエブロが攻撃を受けていた。彼の一族は残忍な侵略者に敵わなかった。生き残った一族のメンバーは高い塔に退却し、ペインテッドハンドは槍で入り口を守り、他の者は屋上から侵略者に向け矢を放った。戦いは膠着状態に陥り、攻撃者は塔を包囲し、火を放った。ペインテッドハンドは、彼の家族が苦しみの中で滅びるのを見つめていた。彼は死ぬ前に、プエブロの侵入者に復讐するため、怨霊(おんりょう、復習の霊)になることを誓った。それ以来、この辺り一帯の峡谷は呪われている、と言われてきた。

Painted Hands   Photo   Tim Wong

1998 年 5 月 30 日。暗闇の中で草木の生い茂った峡谷の床に沿って、一人の影のような人物がこっそりと忍び足で動いていた。男は懐中電灯を使っていなかった。峡谷の先端で影から姿を現したのは、黒いあごひげと口ひげを生やしたハンサムな若者で、カモフラージュの服を着て、AK-47 突撃銃を背負っていた。彼は、岩棚の上にある放棄された穀物サイロのような円筒形の塔の暗いシルエットに注目した。彼は、それがホーベンウィープ国定公園(コロラド州南西部、ユタ州の境にある遺跡公園)の遺跡の 1 つであることを理解した。彼は張り出した岩棚の下に身を潜め、突撃銃を肩からはずし、後ろの岩壁に倒れ込み、完全に疲れ果てたように見えた。

その男はジェイソンウェインマクヴィーンだった。数日前、彼と 2 人の共犯者アラン ピロンとロバート メイソンは、コロラド州コーテツで交通違反停止の際、警察官を射殺した。 3人は別のトラックを乗っ取り、警察の激しい追跡の中銃撃戦を繰り広げ、さらに2人の警官に重傷を負わせた。コーテツから 30 マイル離れたところで、無法者たちはトラックを乗り捨て、ホーベンウィープ国定公園近くの峡谷の迷路に紛れ込んだ。ピロンは銃撃戦による負傷でまもなく死亡した。マクヴィーンとメイソンは別々に行動した。メイソンはサンフォアン川に向かって南に向きを変え、マクヴィーンは西方のホーベンウィープ国定公園に向かった。

Swing-Bridge_San-Juan-River.jpg

San Juan River swinging bridge   Photo  Tim Wong

5 日間の歩行の後、メイソンはユタ州ブラフの町のすぐ東にある川にたどり着いた。川の向こうはナバホ族の土地。彼は揺れる橋で川を渡り、岩崖の茂みの中に隠れた。彼は食料は使い果たしていたが、少なくとも水の心配はなくなった。彼は暗くなるまで待ち、ボートかいかだを盗んで川を下り落ちるつもりだった。その時、彼はトラックが川を渡って止まるのを耳にした。それはサンフォアン郡保安官の車だった。ケリー・ブラッドフォード副官はたまたま揺れる橋のそばで昼休みをとっていた。追跡されていると思ったメイソンは、副官を.308鹿用ライフルで撃った。重傷を負ったにもかかわらず、ブラッドフォードはなんとかトラックに戻り、助けを求めた。やがて、代議員、レンジャー、ナバホ族の警官の派遣団がその場に集まった。彼らは、明らかに自傷行為による銃撃で死んだメイソンを発見した。

一方、メイソンと別れた後、マクヴィーンはホーベンウィープ国定公園辺境の廃墟にたどり着き、翌日、観光客の車を強奪するつもりだった。ただ、今、彼の欲しいものは睡眠だけだった。真夜中頃、マクヴィーンは警察のサイレンの音で眠りから覚めた。彼は身を構え、ライフルを手探りした。新月が昇り、峡谷に長い影を落としていた。彼は息を止めて耳を傾けたが、何も聞こえなかった。追跡され、発見されたのか?彼はすぐにバックパックとライフルをまとめ、隠れ場から滑り落ち、峡谷に滑り込み、乾いた川底を狂ったように駆け下りた。十分に遠く離れたと感じたとき、彼は対岸の広いセージ 平地に這い上がった。そこに彼は立ち、息を切らして耳を澄ました。再度聞えたが、それは警察のサイレンではなく、ただのコヨーテの遠吠えだった!疲労が彼の感覚を曇らせたに違いない。ゆっくりとしたリズミカルなドラムビートを聞いたとき、彼は岩場の隠れ場に戻るべきかどうか確信が持てなかった。彼は音の方を向き、恐怖で凍りついた。薄暗い光の中で、彼は巨人の戦士が巨大な戦槌石を振りかざした暗いシルエットを見た! マクヴィーンのライフルの弾倉が空になると、シルエットの姿は武器を高く持ち上げた。暗い人影から火花が飛び散った。マクヴィーンは走り、サボテンにつまずいた。彼の最後の記憶は、あたかも彼の周りにカーテンが引き寄せられたかのように、世界が突然黒くなり、攻撃者から必死に這い逃げ去ったことだった。

マクヴィーンの運命は 9 年間不明のままだった。 2007 年 6 月 10 日、一人のカウボーイがホーベンウィープ 国定公園の東にある険しい峡谷をとぼとぼと歩いていた。スリーピングユート山の影に隠れて、カモフラージュ バックパックと錆びた AK-47 ライフルと共に、人骨があるのに出くわした。当局は遺体がマクヴィーンのものであると判断したが、彼がどのように死んだのか正確にはわからなかった。マクヴィーンの死には、何か非常に奇妙なことがあった。骸骨はばらばらで、彼の頭蓋骨は打ちのめされていた。残骸からそう遠くないところに、弾痕だらけの古いオイルポンプが立っていた。その巨大な鉄製の平衡物の頭は、ロバが頷いているようにゆっくりと上下し、ゴツンゴツン … ゴツンゴツン … ゴツンゴツン …

Sleeping Ute Mountain in the Rain 

 Pastel on paper   Akiko Hirano