Comb-Ridge-Twilight.jpg

Comb Ridge Twilight   Pastel on paper   Akiko Hirano

遺物
平野明子 & Tim Wong

まだ雨で濡れている2車線のアスファルト道路を古い車ジープが滑走する。道路はシーダーメサ(ユタ州南東部)の東端をガードしている長さ100マイルの障壁、コームリッジ、に向かってなだらかな地形の周辺を蛇行している。太陽はちょうど西の地平線下に沈み、曇り空は壮観な鮮やかな展示物へと転換した。そしてすぐに月のない夜の地形は暗闇と化した。ここから先、80マイルには町も建物もない。ヘッドライトで浮かび上がる黄色い点線のセンターラインがあたかも催眠術をかけるかのように、黒衣(くろえ)の目を細め、彼女は必死で目を覚まし続けようとした。と、突然2つの明るい小さな点が遠くに現れ、それが次第に大きくなり、4つに分割され、次いで6つに、そして消滅した。ミュール鹿の家族の目が暗闇に消えて行ったのだ。彼女は目をこすり、ここで鹿に衝突したら大変な事になると自分に言い聞かせた。 1時間後、舗装道路は終わり、崖の斜面を急降下する狭い砂利道に変わった。彼女は周囲を見ることが出来なかったが、ここにやって来たことがわかった。先住民がメサ頂上から下の平原に降りるために長い間利用していた、切り立っ断崖の上の分岐点だ。彼女は車を平坦な場所に停め、車の中で夜を過ごす用意をした。エンジンとヘッドライトをオフにするや否や、完全な暗闇と沈黙の中に彼女は飲み込まれた。全てそれは昨日のこと。

 

3000年から1万年前、正確な時期はわからないが、始生代遊牧民猟師の一団が、森林に覆われたメサで狩りをしたオオツノヒツジとミュール鹿の死骸を運んで、断崖のこの自然の分岐点を這い降りた。一連の接続した傾斜路を下り、千フィート下の不毛の砂漠に降りた。彼らが夕日の方角に向けて歩くと、遠くに小さな暗い斑点が現れた。近づくと、それは赤褐色の光沢で覆われた巨大な立方体の岩と変化した。夜が更ける前に、猟師は火を起こし獲物を処理した。翌日、グループの他のメンバーが石器を作っている間に、リーダーは先のとがった硬い玄武岩を拾い上げ、岩に5つの大きなシャーマニズムの岩絵を彫った。何千年もの間、5人のシャーマニズムの存在が狩猟場入り口を護衛した。 1957年、冷戦の最盛期に、メサとその下の平原を結ぶ古代の小道は、ウラン鉱山からメキシカンハットの加工工場に鉱石を運ぶトラックのための急勾配で不安定な未舗装の道路に変わった。それはモキ ダグウェイと名付けられた。

 

夜明け、黒衣はダグウェイの頂上に立ち、はるか眼下の砂漠を見渡している。太陽が、東のコームリッジのギザギザの背骨をかすめ、”神々の谷”(と名付けられた場所)の背の高い尖塔が小さなろうそくのように輝く。炎がろうそくを燃やしている間、ピンクがかった赤面が、50マイル離れたモニュメントバレーからずっと、静かな波のように砂漠を洗い流して行く。黒衣は車に戻り、ダグウェイの狭いスイッチバックの道を降下する。下に降り、彼女はセージとラビット茂みが点在する砂地の平原を横切る別の未舗装の道路をたどり、断崖のふもとに近づく。

Shaman-Petroglyphs.jpg

Petroglyph Rock   Photo  Tim Wong

彼女は砂漠に突き出た背の高い突起に面して車を停め、双眼鏡で崖のふもとに乱雑に散らばる岩を細かに調べている。彼女は黒っぽい岩を見つけ、それに向かって歩き始める。そこへたどり着いた時、その岩が岩絵で覆われているのを見る。人間に類似した形と動物の形の中で、5つの大きな始生代スタイルのシャーマニズムの形態が際立っており、後世のスタイルの小さな人物と並んでいる。奇妙なことに、大きなシャーマニズムの形は彼らの側に横たわっていて、小さな人物は直立している。ある時点で、小さな岩面彫刻が追加される前に、この巨大な岩がひっくり返ったに違いない。ここは、何千年にもわたって数え切れないほどの世代が通り過ぎて行った場所。後から来た者は、古代の先駆者に敬意を払うかのように、古いシャーマニズムの形の上書きを避け、自分自身の記入を小さくしておくように見えた。

 

その岩の周りで、黒衣は道具作りの材料の残骸である、石の破片や火打ち石をたくさん見つけた。彼女は一片を手に取る。フリントはとても薄くて繊細で、ほとんど半透明。それを手の上で回すと、時間を遡りまるで古代の猟師に触れているかのように感じる。彼はどんな人物で、どんな風に見えるのだろう。彼の痕跡はそには無く、この小さな遺物だけが残っている。黒衣はそれを地に戻し、車に戻り始める。陽が雲を突き破りモニュメントバレーの岩層が地平線に迫っている。空虚な砂漠を見渡し、彼女は思考と憂愁に満ちていた。次の千年紀に我々が残す物は何かあるのだろうか?彼女はずっと以前に読んだエド・アビーが書いたものを思い出そうとした。

「人間は行き来し、都市は盛衰し、文明全体が出現、消滅する。地球はわずかに修正されて残る。地球は残り、壊れる心がないところに心がつぶれる美しさ…私は時々、片意地間違いなく、人は夢であり、幻想であり、岩だけが本物である、という風に考える。岩と太陽」

Monument-Valley.jpg

Sunburst   Pastel on paper   Akiko Hirano